避妊の心配と副作用の不安!使う前に調べるアフターピルの実情

メニュー

アイピルの効果・効能

避妊についての知識が少なく、若くして中絶等を行う人もいる昨今、アフターピルは非常に有効な薬と言えます。

アフターピルは、その名の通り性交後に服用することで妊娠を回避できる薬です。
どの薬も性交後早ければ早く服用する程に避妊率が高くなります。72時間以内に飲むことが成功のカギと言われていますが、72時間経ってなかったとしても、一晩超えただけで妊娠してしまったという人も少なくありません。
それだけ、タイミングが大事となる薬でもあります。

中絶手術は、女性の体と心に非常にダメージを与える行為でもあります。
想像したくもありませんが、その方法は、少し乱暴な書き方になるかもしれませんが、膣から器具を入れて子宮内にできた赤ちゃん諸共外に掻き出すと言われています。
聞いただけでも非常に辛く苦しくなる行為です。
また、その後遺症は不妊にも繋がりかねない場合もあったり、精神面でのダメージとして残る場合もあります。
こうならない為にも、日ごろから女性側でも避妊に対する対応は行っていた方が良いとも言えるかもしれません。

とはいえ、こうした薬もある為、常備しておけば安心とも言えます。

代表的な薬はノルレボです。
この薬は、レボノルゲストレルという女性ホルモンの一種で作られています。
このホルモンの働きが、子宮頸部を閉鎖して排卵を減少させ、精子の通過を防止することで効果を齎したり、受精卵として結合された精子と卵子が子宮内に到達した際には、子宮内で成長できるような環境が整っていないという状態を作り出す作用を齎します。
勿論、こういった状態は、女性の体では毎月のサイクルで行われている状況であることから、少しだけそのサイクルのリズムを狂わすことで発生させた現象とも言え、体への負担も最小限に済むものになります。

ただし、この薬は先発剤という事もあり、薬価が非常に高いことでも有名です。
勿論、中絶手術をするよりは安いものではあります。しかし、今ではこのノルレボのジェネリックとしてアイピルという商品も販売されています。
同じ成分で作られているアイピルも、同等の効果があり、更に薬価が安いことから、こちらを使っている人も多くいるようです。

いずれにせよ、こうした商品は緊急用として保持しておくことも大切かもしれませんね。